暑い夏はやっぱり梅ジュース

まだ6月になったばかりというのに、すっかり蒸し暑くなってきましたね。
高齢者にとっては脱水などが心配になります。

花樹では手作りで梅ジュースを作っていますよ。
今年もさっそく皆さんに手伝ってもらい梅ジュースを作りました。

認知症サポーター勉強会&養成講座のお知らせ

グループホーム花樹では、11月22日に認知症サポーター勉強会を開催致します。

認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるようにグループホーム花樹に関わるかた、地域のかたに向けて、認知症について一緒に考える勉強会を行います。

image

「認知症サポーター」とは?

何か特別な活動をすることではありません。養成講座を受けて認知症を理解し、認知症の人やその家族をあたたかく見守る「応援者」になってください。

 

日時:11月22日(日) 13時30分から15時30分

場所:並木台会館

講師:勝又市郎(グループホーム花樹施設長)

成年後見説明:志村晃男(村岡いきいきサポートセンター)

参加費 無料

お住まいの地域に限らず、認知症にご興味のある方はどなたでも参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。

お申し込みはグループホーム花樹 0466-26-6612 まで

11月19日締め切り

地域の防災避難訓練に参加しました

本日は大規模災害を想定した村岡地区の総合防災訓練に参加しました。

CIMG8210まず並木台地区の一時避難所である観音上公園に集合します。あいにくの雨の中、たくさんの方が参加されました。

ここからは皆さんそろって藤が岡中学へ移動します。

CIMG8211

CIMG8215

ここでは、炊き出し訓練、簡易トイレの組み立て訓練、プールの水を浄化して飲み水に出来るろ過装置の体験、ロープ結びの訓練、水消火器による消化訓練を行いました。

これは簡易トイレの設置訓練

CIMG8216

続いて炊き出し訓練

大きな釜でお米を炊いたり、レトルトのカレーを温めます。

CIMG8235

花樹園芸通信 11月1日号

「おりたちて今朝の寒さをおどろきぬ つゆしとしとと柿の落ち葉深く」伊藤佐千夫

10月に入って、秋晴れの良い天気の日に多く恵まれています。花樹では、天気の良い暖かい日には、毎日、皆さんゆっくりとひなたぼっこを楽しみながら散歩に出かけています。花樹園芸通信11月_1

6日は湘南ドルチェの皆さんの歌と演奏、27日は三味線の演奏、31日はギターの演奏と歌に合わせて、皆さん、一緒に声を合わせて楽しく唱歌を歌いました 😀

畑では、秋の始めにまいた大根、小松菜が元気に大きく育ってきました。最近では毎日、大根のまびき栞や、小さな大根、青く綺麗な小松菜を毎日の食事で美味しくいただいています。これから冬にかけて、新鮮な野菜ー自然の恵みーをいただけますね 🙂

 

 

image10月27日(火)は、月1回恒例のフラワーアレンジを1Fと2Fの皆さんで行いました。淡いピンクの可愛いバラの花~スプレーバラ(ブリトーニ)、濃い赤紫の、小さなランの連なりが美しいアランダ蘭(アンブラック)、ピンクからグリーンの濃淡が綺麗なキノシホン(スターチス)、そして秋を感じさせる萩の葉と実(種)を秋晴れの良き日に、皆さん「キレイに沢山咲いたね」「上手く生けれた?」と笑顔で楽しまれました。ボランティアの内藤さん、協力して下さった職員の皆さん、ありがとうございました。畑では、更に冬野菜の種をまいていく予定です。

11月24日(火)は、月一回のフラワーアレンジを行います。

文責:櫛橋

皮膚疾患勉強会に参加してきました

空気の乾燥とともにお肌のかさかさも気になる季節になりましたね。

特に高齢者はお肌が弱いので注意が必要です。

今回は高齢者の乾燥肌の対策について学んできたのでレポートしたいと思います。

ファイル H27-10-15 11 18 24

1.乾燥肌のしくみ

乾燥肌対策で最も重要なのが保湿です。健康な人の肌は角質層のバリアによってお肌の水分が保たれています。しかし、乾燥肌の方の皮膚はこのバリア機能が弱まっていて水分を保つことができません。これを補うために保湿剤が必要になってきます。また、先ほど、乾燥する季節と書きましたが、皮膚科の先生に筆者もよく言われるのが、夏は夏の乾燥と冬は冬の乾燥があります。だから、季節を選ばず乾燥対策をしなさいと。

2.保湿剤の塗り方

保湿剤は入浴後すぐに、できるだけ5分以内に塗るのが望ましいです。塗る量はたっぷり目に。ファイル H27-10-15 11 18 52

全身くまなく塗ってください。やさしく円を描くように。また、皺の部分には皺に沿って塗るのがいいですと講師の方がおっしゃっていました。

また、入浴時にはあまり体を洗いすぎないことも大切です。

3.季節によって保湿剤を使い分けるのもいいようです。

さらに詳しく知りたい方はこちらも読んでみて下さい。

http://www.maruho.co.jp/medical/academic/shidousen/rvcck40000001b4w-att/hoshitsuzainonurikata.pdf

敬老会2015

9月21日は敬老の日ということで、花樹でも敬老会を行いました。

当日はたくさんのご家族やご来賓の皆さまが駆けつけていただき、にぎやかな雰囲気の中で敬老の日をお祝いできました。

CIMG7657

この日はご利用者様もいつもよりおしゃれしたり、化粧したりで、いつもと違う華やかな感じでした。

お昼は濱田屋さんのお弁当を皆で食べました。

CIMG7577

きれいですね。

 

CIMG7612

本番では歌や手品、家族を巻き込んでの飴さがしゲームなども行いました。

CIMG7623

敬老会後半は鎌倉山三丁目バンドの演奏で唱歌をたくさん歌いました。

CIMG7656

三丁目バンドさんいつもありがとうございます。

グループホームでの暮らし

ここでは、グループホーム花樹での生活をご紹介します

起床は午前6時~7時頃くらいですが、人によって様ざまです。
更衣、口腔ケア

朝食(午前7時~8時頃)、内服、点眼

バイタル測定(午前8時半~9時頃)
水分補給、
ラジオ体操、ホーム周辺や近くの公園へ散歩

入浴(午前10時半頃から順次)

昼食づくりのお手伝い

 

DSCF0100
食事作りはみなさん協力して

昼食(11時45分頃~12時30分頃)

DSCF0117
この日は手作りコロッケを作りました

 

DSCF0119
おいしくいただきました

午後のおやつ(午後2時~2時半頃)

歌、ゲーム、雑談、TVビデオ、散歩 等

DSCF0112
天気が良い日は洗濯物が良く乾きます

 

夕食(午後5時半頃~6時)、内服、点眼、口腔ケア
TV観賞(午後6時半~8時頃)

居室へ戻る(午後8時~9時頃)、更衣

就寝(午後8時~9時頃)

花樹の理念

ゆっくりのこころ

自分のペースではなく、

利用者一人ひとりの心を知り

あせらず、早急に判断せず

心のこもった介護をする

それが「ゆっくり」のこころです。

 

いつでも同じように

あたたかい介護をすれば

「ゆっくり」から「ゆったり」になります。